Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入浴での事故

福岡県の特別養護老人ホームで入浴で、全身にやけどを負い亡くなったというニュースがありました。
高温の中に入れてしまったということだが・・・
本来なら職員が手で湯の温度を確かめてから、入浴させると思うのだが
この時はそれもしなかったらしい。
う~~~ん。
どうして初歩的なミスをしたのか?
と思うところだが・・・過信は禁物だ。
時間も気持ちにも余裕がなかったのでは?



家でもお風呂のシャワーとかも必ず、確かめないと冷たかったり熱かったりするのは
誰でも経験している。

温度が設定出来るものでも・・・相手は機械なので、もしも?って言うことがある。

やはり事故、危険を想定した対応を常にしないと・・・
その時に限って~的なことになり得るのだと思う。

私も入浴介助は一番神経を使う。
持病の低血糖を起こさないよう、事前に対処をしている。

近隣の施設でも、入浴介助の時に職員が一人で”お姫様だっこ”をして利用者さんを
落してしまって亡くなったという事故もあった。

入浴は一番、事故が発生し易い。

私も神経が冷や冷や過敏になり・・・入浴介助は好きではない。

床は滑り易く・・・私も一度、利用者さんを滑らせてしまったことがあるのだ。
二人介助でしたのに・・・です。

気を付けていても、時に事故は起こるのです。

焦らない、急がせない、気を他に行かないように・・・
って常に思っています。

他の職員との、お喋りも慎む。

介護職って、、、神経すり減るよ。
安全第一、これが提供できるサービスの中で一番大切。

利用者さんに声を掛け、確認しながら介助する。
そして丁寧にゆっくり接すること。

これが出来ない現場は多いのではと思う。
職員の数も少ない中で時間でこなしていかなければならない。
職員もかなりの重圧の中で働いていることが伺えると思う。
介護職は皆、疲れているのだ。
スポンサーサイト

シュトーレン

日が短くなり・・・秋も深まる頃。
もうあと二か月くらいで2008年も過ぎ行くとは。
また年を取るなぁ~へっしょぼ

先日、群馬に泊まりに行った時に入った豆腐料理のお店では・・・
もうクリスマスソングだった♪早すぎるぅ

ボジョレー、お歳暮のカタログ、店先のシクラメン~早すぎるぅ

今年は買うぞぉ~~シュトーレンを!!

私の好きなお店の”ツマガリ”さんで買う。

ここのお店なら裏切らないであろう、たぶんね。

そのシュトーレンがこれだ!
シュトーレン
予約しちゃった。

大きな出費やな。

そんな季節になってしもうたふ

パートさん

我が職場にはパートさんが増えて嬉しい。
それも私と年齢が近い人が急に増えた。
もちろん私は働きやすくなった。

腕や肘が痛く、、、私はいつ辞めるか???感じだけど
治るから辞めないんだよ~
って言ってくれる同じパートさんの存在は大きい。

どちらにしても一年は継続させないと失業保険がもらえないから。
来年の1月までは絶対に辞めれない、辞めたくない。

東京都市圏パーソントリップ調査

東京都市圏パーソントリップ調査に協力の依頼が来た。

もちろん怪しいものでもないが・・・

「どのような人が」「どのような目的で・交通手段で」「どこからどこへ」移動したかなどを調べるものです。

と言う趣旨なのですが

家族で話して、
プライバシー保護の為に提出するのを止めてしまいました。

大したものではないので協力したいなぁと私は思ったけど
家族の成員の一人でも、渋るなら・・・

今のご時世なので自分の行動を知られるのを変に勘ぐる人も多いだろうな・・・

この秋~冬

秋と言えば、あちこちでバザーや、~~まつりが多い。
ぽかぽか陽気の、そんな日にバザーなど行くのは気持ちが良い。

今年も市の福祉バザーに箱三箱分の衣類や雑貨などを寄付しました。
ほんと着ない着れないモノを一年かけて、ため込みます。
押入れをすっきりさせたいので・・・早く来ないかな~秋。
っていつも思います。

この秋~冬は私は着る服に困りそう。
まずは・・・サイズね。
痩せないとどんどん無駄が出ます。

おまけに、肘と腕が痛くて
かなり脱いだり着たりが手こずるのです。
普通にフィットする洋服では脱ぎ着するのに時間がかかる。

すべりの良い大きめな服でないとね。
するっと脱げるものが必要。

だってさ~パンツを上げたりするのも痛いんだもの。
トイレに行くのも憂鬱。
ブラジャーするのも大変なんよ。
この際、裸で居れば?って??・・・周りに迷惑だからね~犯罪ものよ

持っている、どの服も腕の痛みを考えると・・・着たくない。
これから厚着になるでしょう。
何枚も重ね着なんて~痛いのを何回も我慢しなくちゃならない。
コートも着たくない。
これも考えただけで憂鬱。

冷やしちゃいけないんだけど・・・まだ半そでのTシャツで居ます。

腕が痛いから着れないんだけど・・・も~う、みんなバザーに出しちゃいたいくらい。
着たくない。

だぶだぶのXLのサイズのセーターとか着る物を買わなくちゃならないかも??

あ~デブも困るけど、体が痛いと何にもオシャレも出来ませんね。

節約どころか~余計な出費がありそうだな。

漢方

腕、肘が痛いので今日から漢方薬を飲むことにしました。
主治医が薬は何を飲んでも平気だから~と許可を得て。
(インスリンは薬じゃないものね~だから関係ない)

とにかく仕事を続けて行くのに痛みは困ります。

三ヶ月くらいは効き目が出るまでかかりそうですが。

脳内

今日は思いきって脳神経外科に行って来ました。

何年も前から・・・頭がじわじわ~とする。
めまい感がある。

たぶん精神的な要素が大きいであろうと私は思うのですが。
それでも動脈硬化を起こしやすい病気が持病にあると心配。
それに44歳という年齢や最近、40肩と言われ。
ある人に腕や肩が痛いのは脳梗塞の疑いがあるよ~
って脅かされたのだ。

糖尿病歴22年の私の脳の血管を考えればありうるかも~??
って不安が増大。
余計に不安神経症の症状も出易いかも・・
と色々なことが頭の中で思考がぐるぐるしている。

職場の私よりも上の人って・・・あんがい色んな症状を持っていて病院へも行っているのね。
脳神経外科とかにも行ったことがあるって数人に聞いた。
一人は53歳の人で最近MRIをやったら、小さい脳梗塞の跡があったらしい。
まぁ50も過ぎれば小さな梗塞は一つや二つあるそうだが・・・・
老化はやはり嫌なものだ。

ですから私もMRIの検査をしてもらいたく市内の脳神経外科に行った。
これがまた~混んでるの。最近は頭痛外来なんていうのもあるからね。

以前にCT検査はしたことがあったけどMRIは初めて。

検査結果は・・・今現在は異常はなし。
明日はどうなるかっていうのは別の話。
細かい検査をするなら脳ドッグをするしかない。
梗塞や出血など起こしやすいか?とか、何年くらいは大丈夫という診断がほしいならばです。

安心したのはやはり22年の病歴による過去の梗塞や血管の状態。
梗塞が起きたこともないし・・・年齢から言っても良い状態。

ようするに私は心配症。
常に体のことに囚われ過ぎなんだろうね。
これは昔から。
だから不安神経症(ノイローゼ)にすぐになるのでしょう。
性格や思考の問題もあるなぁ。
ネガティブだから。

頭がじわじわ~とするのって・・・パニック障害や不安神経症の症状の一つでもあるのを
以前にネットで見たことがあります。
やはり。
次は心療内科か精神科?
ちょっと鬱っぽい所あるし。

それに病院が好きだからね。

でも脳内が異常がなくて本当に安心しました。
それで良し。

10月の受診

最近、200超えの血糖値が多い。
今日の午後は寝ていたら・・・食後五時間も経っているのに200を超えてた。
取りあえず、1~2か月の平均A1cは5.6

先回採血した時のC‐ペプチド(CPR)は0.39(基準値0.94~2.8)
やはり少しは出が悪いようだ。
この数値は血液検査した時の血糖値によっても変動するので
この時は血糖値が85で良好な数値での検査値なので・・・
正確には????なのでしょう。
でも出ていないわけではないので、なんとかやっていくしかない。

それで今後の事として、インスリンと経口薬の併用など・・・
主治医の考えを聞いてみました。
どうしてもって言うなら、例えば生活が苦しくてインスリン療法が出来ないとか・・・
なら仕方がなくOKを出したりしている人もいるとか。

私に関しては、食事で上がる血糖値を抑える超速効インスリンを経口薬に代えても
結局はインスリンに戻るのではないか?
膵臓を叩いて出すよりもインスリンの方が体に優しいのでは?
今、インスリンを上手に使えているのだから、このままで良いのでは?
と主治医の意見でした。

医学も進歩しているので将来的には変化はあると思います。

薬局で今日はメタボコーヒーなるものを見つけて、おもしろいのとコーヒーが好きなので
買ってしまいました。
ついでにマービーのチョコスプレッドも。

メタボコーヒーはクロロゲン酸とL‐カルニチンが効能でしょうか。


メタボ

余裕

今、余裕があるようでない。
そんな日々を過ごしているな~と思います。

週三回のフルタイムでのパート勤め。
残りは4日間もあるじゃん!

って思うでしょ?

でも、、、なぜか余裕があるようで、ない感覚。

最近、手の込んだ料理を作っていない。
自分なりの美味しいメニューが思いつかない。
掃除がしたいのに出来ていない。
大好きな読書もしていない。

あれ~??
やっぱ私、余裕がない。

今の私の頭の中はゴチャゴチャ状態。
ゴミいっぱいって感じ。
すっきりしていない。

早急に片付けなくちゃ!

そして、、、時間に縛られることなく休養したい。
本当に休みたい。

好きなコトをするのはその後。
これじゃ好きなこともヤル気ないよ。

なんとかリセットしなくちゃね。

ナンセンス

糖尿病となれば・・・・

食事、運動の管理?が当たり前。

適切なカロリー計算は大切です。
適度な運動も大切です。

適切、適度を通り越し羽目をはずす。
ここでいう羽目とは、完璧に行うことを言っています。
不良行為ではありません。

完璧に行えば数値も改善し、確かに優秀な患者にもなるでしょう。

”一日一万歩、必ず歩いています。”
”一日1400キロカロリーでお菓子も天ぷらも食べないようにしています。”

私にはこういうことは出来ない。

甘いものを食べるから~運動不足だからって糖尿病になるわけではないと
今では思うので・・・おかげで自分を責めることが少なくなりました。

ノルマのように毎日を送り自分を、または人に厳しくなって。
裁くことばかりになる。

こんな生活をして本当に楽しくなるなら良いけれど。

どのようにして食べるか?よりも、いかに食べないか?と考えている
糖尿病の患者さん。
患者さんだけではない、その類する本や情報はだいたい同じ。

食べて罪悪感を感じ。
今日は歩かなかったと後悔し。
ほんと精神衛生上、よろしくない。

糖尿病なのでチョコレートは食べないようにしています
なんて言うのを聞くと、シラケル。

もちろん、食べたあとの運動効果は素晴らしい。
運動しないよりはした方がいいに決まっている。

ただ、こうしなくちゃダメ!みたいなのは避けたい。

シックディなのか

なんだかね~月のお客様で調子が悪いのが数日?
そのせいかは分かりません。

身も心も完全にテンションが下がっています。

温泉に入った翌朝の今朝は・・・カラダは回復してません。

用事を取りやめにして、いそいそと帰る用意をしました。

10時台に高崎を出て、、、13時近くに帰宅。
高崎線はグリーン車を使いましたが~ずっと寝ていました。

驚いているのは血糖値です。
これがシックディ?
シックディなんて初めてかも??

早朝血糖値が・・・すでに211
インスリン打ち食事は控えめ
1時間値・・・252
2時間値・・・291

で、ありました。
その後の経過は面倒でしていません。

帰宅して熱を測ったりしたけど問題なし。
35度で低体温です。

とにかく調子が悪い数日です。

ちょここさん、お大事に・・・★

群馬の旅もどき

群馬に用事で来ています♪
旅行ではないけど…お泊まりです。

二度目の温泉付きビジネスホテルです。

駅から直結で、ホテル内が明るくて朝食のバイキングも私は高得点!
今晩は、ホテル内の豆腐料理屋で食事しました

お遊びでないけど…温泉に入り、少しは落ち込んでいるのがハイになったかな?

では

いつしか寝床

いつしか~カピバラさんも僕の寝床に♪
最高だよ~オススメ。
カピバラ2

カピバラ1
眠いからあんまり見つめないでね。
オヤスミ★

たまにはジャンプも読みまっせ~
ジャンプ

在宅の利用者さん

昨夜、下娘のパンクした自転車を直して貰いに行きました。

以前、私がホームヘルパーをしていた時に入っていた利用者Mさん(80)の家が近いので
その前を通りました。

残念なことに住んでいませんでした。

そのアパートの部屋の中からは、まな板をトントン♪させて料理を作られている主婦の声が・・・
玄関の前には可愛い小さな子が乗る自転車がありました。

ちょっと前に通りがかった時にはまだ、Mさんは住んでいたのに。

弟さんが亡くなられてからは一人で住んでいました。
週6回ヘルパーが入っていた。
私がヘルパーを始めてから5年間~ずっと入っていた。

私の母が亡くなって・・・”お母さんは十分生きたんだよ”と肯定的なコトを唯一、言ってくれて
私の心を癒してくれたのがMさんでした。

もしかしたら特養のような施設に入所されたのかもしれません。
きっといつか理由は分かる日は来るとは思います。
亡くなったりしていなければ良いなぁと思う。

ヘルパーとして働くのに、施設と在宅では・・・やはり違います。
介護職を天職だと思わせてくれた在宅での仕事。

10人いれば10人の人生や生活があります。
そのすべてを受け入れてサービスを提供するのが私の役目。
在宅はヘルパーが、ある意味家族の一員のような存在になります。

生活の水準に違いはあれど皆、どの方々も一生懸命に生きている。
それに励まされて来た。
世間で言われたり思われている、キツイ、キタナイですが
私は本当に介護職は純粋に素晴らしい仕事だと思います。

そう思わせてくれた在宅での仕事。
やはりゆくゆくは在宅へ戻るだろうな~

♪ピンポ~ンと呼び鈴を押す時にワクワクする感覚。
”おはようございま~す!”と顔を合わす瞬間。
私は本当に良い仕事していたなと改めて思いました。

今やっているコトが在宅で少しでも活かせるように精進すべし。

ねんきん特別便

ねんきん特別便が・・・ずいぶんと前に届いた。
でも、中身をざっと見て放置。

私が独身時代に働いていた時に加入していた厚生年金が
3年8ヶ月分だけど、抜けていた。

結婚して姓が変わっているからでしょうね。

社会人としての独身の”私”の存在がなくなってしまったようで
なんだか~悲しかった。
自分で働いた賃金から支払っていたからかな・・・

考え過ぎだけどね。

バケツ稲・・・垂れる稲穂

実る程、頭を垂れる稲穂かな

稲穂

バナナダイエット

私が好きな精神科医の奥田弘美さんの記事で・・・
バナナダイエットに関して、良い記事がありました。

10月9日のブログ。
【メタボリックシンドローム、正しいダイエットに是非、スリム習慣を!朝バナナダイエットは、危険ですよ】で書いています。

http://medical-life.jugem.jp/?eid=350

奥田先生の著書は何冊か持っていて、実際に講演を通してお会い?
っていうと語弊があるか?話しかけて本にサインして貰いました~
考え方がとても明るくて実際的で無理がなく好きです。
なぜか、この先生の文章を読むとほっとする。

娘と共に・・・22年!

1986年10月11日20:04 都立F病院で
上娘は産まれました。(予定日は11月13日)

一人で家に居た時に、突然下腹の方でプチ!て音がしました♪
そうです~破水したのです。

スグに病院へ電話して、入院の支度をしてタクシーで行きました。
夫は今みたいに携帯電話もないので・・連絡つかず。
会社に電話して・・・病院に行くことを伝えてもらいました。

初産なので時間がかかるはずなので・・・
陣痛室では隣の人が痛い!痛い!って声をあげていました。
私は破水だけで陣痛も来ていませんでした。
これから~大きな痛みが来るんだろう。

助産婦が子宮口を見るためにやってきました。

そしたら~”もう半分開いている”って言われ
陣痛室に一時間も居ないで分娩室に移動。
その時も、まだまだ痛みなんてありません。

そのうち夕御飯を食べてくるね~と言って助産婦さんが居なくなりました。
分娩室に私一人です。

そして暫くすると・・・なんだ?この感覚は?いきみたいではないか・・・
でも分娩室には誰も居ない。

なんとも言えない状態を我慢していたら~夕飯を食べ終わって助産婦さんが帰ってきた。

”あの~なんか、いきみたい感じなんですが?”と私。

”どれどれ(子宮口の開きを見る)あら~全開してる、頭に触れた”とか言いました。

もちろん助産婦さんもビックリ!あわてていました。

入院してから4時間くらいで出産しました。

この通り、痛い陣痛は全く経験していません。
ほんとです。
苦しいのは、いきみだけ。

二人目は・・・経験していない陣痛を恐れて出産したのですが
見事に二人目も陣痛はありませんでした。
痛みを感じなくても子宮収縮はきちんと起こっています。
普通はその子宮収縮が起きる時に痛い→陣痛です。

私の出産は破水→いきみ→おめでとう!となります。

出産向けな人で幸せだと助産婦さんは言いましたが、、、とんでもないです。
楽に産まれても、赤子は必ず保育器の中になります。

一人目も二人目も低血糖、黄疸、過呼吸になり可哀想でした。
一人目の方が重傷でした。
二人目は早く保育器を出て、一緒に退院しました。

こんな妊婦さんでしたが・・・妊娠中は妊婦検診では異常は出ませんでした。
だから問題のある妊婦さん扱いにもならず。
特典は二人目も、その病院で産ませてもらったこと。
都立F病院は経産婦は受け入れていなくて、一人目の時に異常があった人や高齢出産の人は
二人目でも受け入れていました。


一人目も二人目も同じ病院でしたが・・・
病院は一人目のことを重く捉えることはなく、何も管理もしてくれなかったです。
普通なら、一人目のような異常児を生まないようにと指導をしても良さそうなものです。
それが全くなかった。

当時は糖尿病なんて軽く考えられていたのかな~?

上娘は22歳!
私も病歴22歳!ってことなんです。

上娘が誕生して自分の病気が発覚したのでした。

だから上娘が誕生日を迎える度に・・・複雑な思いなのです。

ケーキ

ケーキ

10月11日は上娘の22歳の誕生日です。
明日の当日は忙しいらしいので・・・
予約してあったケーキを上娘と一緒にケーキ屋さんに取りに行きました。
それが画像の・・・上娘が好きなカピバラさんを書いてもらったケーキです。

持ち帰る時に、買い物しながら帰って来たので・・・
ケーキが・・・・ぶつかってしまいました。
とても良く出来ていたのに、汚くなってしまい残念でした。

我が家は特に誕生日を祝わないのですが
だから”○○○ちゃん、ありがとう”って書いてもらうようにお願いしました。

ほんと生まれて来てくれて”ありがとう”です。
私は22歳の時に上娘を出産しました。
35週の早産で3095グラムありました。
(母体が糖尿体質だから大きく育ちました)
低血糖と黄疸がすごく保育器に入り、体は大きくても機能は追いつかず
鼻から栄養を入れていました。
小児科入院になり3週間後に退院しました。

生まれた時は色々とありましたが・・・
大きな病気もせずに成長しました。

もう、結婚してもおかしくない年齢なんですね。

ここちゃん

こころ・アイロン台
アイロン台も好きな場所。

メイド服

メイド服を友達から3着貰って来た上娘。
一度は着てみたかったらしく。

実は私も着てみたんだ~~ナイショ。
そういうことを出来るのは家の中だから。

大笑いして楽しかった!

自分の画像も?って思ったけど、それは変態だから載せないよ。

ほんとは、ここちゃんの画像を載せたいだけでした。

新ポーチ

ポーチ

新しい”命のセット”を入れるポーチを買った。
ちょっと可愛すぎですかね?
44のオバサンが持つにはキモイかな?
上娘が・・・コレが良い!
って言うもんで。
じゃ~いいか。
44歳なら、ギリギリ良いか?
て、言うか普通、こんなの持ちたいって思わないって。

ポーチ裏
裏側にも入れる場所があって・・・手帳を入れられる。

とても使い易いですよ。
まだまだ可愛いのが好きらしく?未練?があるらしく・・・
この調子じゃ~50になっても・・・ちょっと好み、趣味を変えないとね。

若い姉さんの娘がいると・・・・買い物へ行くと錯覚を起こす。
そんな自分がコワイ。

でも、やっぱ今回のポーチは何度見ても可愛い♪
使いやすいし。

だから~まぁ、いいか。

ジョギング♪

昨晩、近くのコンビニと古本屋に行きたいと上娘が言うので・・・
私も同行した。

私は走ろうと思って、短い時間だけど走った。
短くても、かなり汗をかく。

代謝UP!
しそうな感じ。

気持ち良かった!

続けよう。

これからも短い時間だと思うけど・・・
歩いている時に走るのを組み合わせたりしてみる。

走ると腕に響いて痛いけど、大丈夫な範囲かな~

始めた理由・・・体力をつける、骨を丈夫にするため、今しか出来ない

インスリンと経口薬

みんなの糖尿病ストーリー・杉本先生のブログ10月8日の
Basal Insulin療法の意義(頻回注射の呪縛から解放されたいと思う方のために) という記事

はとても興味深いものです。

糖尿病治療の移り変わりの早さにも驚くばかりです。

2型糖尿病にも強化インスリン療法が取り入れられるようになってから
私も恩恵を受けて来ました。

早期インスリン導入によって多くの2型糖尿病の方々の膵臓も元気になって
インスリン離脱することも珍しくありません。

インスリンを用いると劇的に血糖値の数値が改善されます。
膵臓を休めて元気になったら、インスリンを止めて経口薬に移行したり・・
やがては経口薬とは、おさらばになれることも多いです。

それには、自分の膵臓がどれくらい元通りに修復されるかで決まってくるのでしょう。

ココまでは・・・誰でもが分かっていることです。

それで私が杉本先生の記事を見て考えることは
自分の体は・・・頻回注射から解放されるために、経口薬を用いてインスリン注射を少なく出来るか?
それを選択出来るか?したいか?

そもそも経口薬を長~く服用してきた身である私。
あれもこれも、あちらもこちらもって感じで最大限まで用いて来ました。

結論を言うと、私自身はどちらでも受け入れOKです。
が、、、経口薬の副作用を考えると本心はイヤな思いもあります。
インスリンの副作用と経口薬の副作用はまったく違うのでは?と思うからです。
インスリンの副作用は低血糖。
経口薬は肝臓など臓器を傷める可能性がある。(長期服用)
そのように単純に考えると・・・体に優しい気がするインスリンの方が好きだ。
頻回注射打ちに困ることはそんなにない。

だが、、、一番大切なコトは本当の所、どちらが私の体に合っているか??って言うこと。
これまた~自分をモルモット化して実験して時間を掛けて結果を出すしかない。

なんて言っても、この先、合併症を少しでも遅らせて、普通人と同じ生活を営むことが目標。

インスリンと経口薬の併用をして・・・果たして経口薬を止めれるか?
これも視野に入れないと。

先回の受診でインスリンがどれくらい出ているかが分かる血液検査も項目に入れてありますので
まずは・・・現在の私のインスリンの出方に注目し、主治医と今後のことを話してみようかな~と思っています。

ほんと自分を知るって大事だな~

置き薬

置き薬を20年以上、利用している。
使った分だけ支払います。

私自身は・・・ほとんど薬は飲むことはありません。
せいぜい絆創膏とか~最近は張り薬かな。

風邪も、ほとんどひかないし。
頭痛薬も飲むことはない。
正露丸も。

正露丸は一箱開ければ~期限が切れても使い切らない。
要らないって言っているのに置いて行く(売上を、のばすためだ)

栄養ドリンクはたまに飲むので置いて行く。
サプリメントを取っているので栄養剤ではなく、新商品のコラーゲン入りのが値段が同じなら
飲みたいので~それを置いていって~と営業さんに言いました。

そしたら~いつも置いて行く栄養ドリンクを置いて行きたいらしく・・・三箱も置いて行った。
社内で営業さんの売上キャンペーンでもしているんですか?

置いて行けば飲むだろうと思ってさ。

お客のニーズなんて、ありゃしない。
ちょっと見損なったね。
私はコラーゲン入りのドリンクが欲しいって言っているのに・・・・

相手の腹の中が見えて、どうしようもないね。

いささか腹が立った。
珍しく、いらついた。

営業失格。
あんたの営業戦術駄目だよ~
こんな私、おバカさんにまでお見通しなんだもの。

もう、置き薬は止めよう。
どうせ、あんまり使わないのだし・・・家に訪ねて来て面倒なんだもの。

栄養ドリンク、未開封で三箱をとって置きます。

置き薬なんだから。

三人

久し振りかな~?
娘二人と一緒の行動。

大きくなって
同じ家で同じ親に育てられても・・・
性格も趣味もまったく違う。

クラスの中で二人がいたら、まったく違う人種?(笑)
違う種類だと思う。
上は高校時代は吹奏楽とか・・・けっこうオタク系?な趣味が多い。
下は体を動かすのが好きで体育会系。
だから見かけも雰囲気が違う。

だから、、、娘二人で買い物なんか行ったりしない。

私と娘一人ってことは多い。

上の娘と私は武蔵堺に向かい学校帰りの下娘と・・・ユ○クロで待ち合わせ。

下の娘が始めるバイトで使う黒いスラックスを買うが為に・・・上娘も押しかけた?

三人で買い物なんて。。。懐かしい?

下娘から見たら上娘は小姑のような存在。
私の耳元で”やっぱりママと二人だけが良かった”と呟いた。

買い物の後、スタバでも飲む物で、、、なんとなく言い合い?!

でもね、こんな風に一緒に出掛けるのは私にとっては貴重。
この先、考えるとこんな時間もなかなかないように思える。

あ~いつまでも結婚しないでずっと暮らしてくれたら?
って思ってしまうが・・・実際にそうだったら悩むんだろうな。

帰りは上娘は吉祥寺へ。
下娘は自転車で来ているので・・・
私は電車で。

自転車の娘と電車の私が家に着いたのが、ほぼ同時。
やっぱり三年間近く、一時間も掛けて、自転車通学した賜物だな~
今では一時間なんて掛からないからね。
一番早くて35分!の記録。

若いってなんでもが素晴らしいよ~

運動

手や腕が痛いのが続いているので・・・
その中でどんな運動が出来るか?

チベット体操もラジオ体操も腕や肘がいたいので無理になっている。
仕事でレク担当になると仕方がなく、体操を皆の前で見せなくてはならないので
それが、やっとって感じです。

そんな中、ウォーキングは仕事をしていれば十分な感じ。
でも無性にカラダを動かしたいのです。

そこでジョギングしようかな~と思っています。
新聞等の情報から
まずは30分。
それも最初は早歩きに近い、走りをすること。

そんなんで30分を週に2~3回くらい走れたらと思っています。
それと近くのジムに気ままに行くかな~~~~

糖尿病の日記

最近は以前ほど、、、ネットサーフィンすることもないし
あちこちと情報探しをすることが少ないので、ある意味ネット上での世間知らず。

いつのまに?っていう感じで糖尿病患者さんのブログが多いことにはビックリ!
それも、元気な2型さんのね。


私がネットを始めた1997年頃~2003年くらい?まで
の糖尿病のホームページは暗くて見たくもなかった。

ほんと将来を悲観するしかなかったよ。
だから精神的にもおかしくもなるのさ。

ハッキリ言って一番避けたい”糖尿病”っていうジャンル?
気になりつつも絶対に逃げで、見たくもなかった当時。

ほんとなのよ~暗くて暗くてね。
何の希望もないように見受けられた。

コントロール出来る自信なんてまったくなかった。
主治医の言うことなんて、、、皆、信じられなかった。
いつも脅されていたし、イイこと言われても気休めに言われていると思って。

今ではたくさんの患者さんのブログが存在していて、勉強もされているし・・・
逆に、お医者さんも患者さんから学ばなければ・・・って最近の様子だと思います。

これだけ患者さんの病気に対する知識もあって、病院や医者の対応なども日記を通して発信される。

もう患者さんを騙す?ことも出来ない(騙してはないと思うが)
いい加減なことが出来なくなって来ているね。

患者さんが何をどう思って病気と共に生きているか?
それを知らないでは・・・・医者じゃない!
なんて強気な言い方をしてしまいました。

2型糖尿病さんのブログはほとんどが”糖質制限” ”カーボカウント”がキーワードですね。
1型糖尿病さんのブログでは、こういう話題はほとんど見られません。
なんか不思議です。

最近の私はどちらにも所属していない感覚です。
どちらにも入れないって感じかな。

う~ん、地道にコツコツ私はマイペースでやって行きます!

糖尿病と親友?夫婦?になって一生付き合って行かなくては・・・・
あ~正直、気が重い。

バナナ

バナナね~ダイエット大流行なんですね・・・

我が家~いや私しか元々バナナは食べないのですが
常に常備している果物です。
あると安心するバナナ。

お腹も心も満たしてくれています。

それが品薄、高騰で~買うのが少なくなっています。

私はバナナダイエットなんて興味なし。

バナナはお腹の調子を整えるのに良い食材。

南国の果物なので日本人の体に合うかは??ではあるが。

まぁ、理屈抜きで~美味しいから食べるのさ。

竹内まりや 【Expressions】

竹内まりや

やっぱり~買ってしまった!

日頃、ウォークマン♪で聴いているので
そんなに新鮮な感じではない。

昔懐かしい曲♪~音源が古い感じ。
高校時代を想い出したり・・・

私はやはり、最近のが好きかも?
アルバムでは”Denim”がやっぱり一番好き。

山下達郎の色も濃くて、、、
最近はそれが薄らいで、まりやさんの色になって。

私よりも年齢的に先を生きている。
少し先の人生観を教わっているような・・・

”人生の扉”♪という歌は・・・ほんと共感出来る、したい歌詞。

いつか、まりやさんのライブに行きたい、願い★

yuka♪ライブ

知り合いの娘さんのyukaさんのライブへ♪

場所は高田馬場にある四谷天窓

久し振りだった。

ピアノ弾き語り♪

知人(yukaさんの母)も色々な家庭での事情があって。

yukaさんと共に・・・最近やっと振っ切れたのかな?と思う。

何しろ~yukaさんが元気になったことが証明だと思う。

友達として私は何もしてあげれないことが多い。
ただ見守るっていうか~自分の存在を時たまアピールするだけしか。

人が苦しい時、悲しい時、助けてほしい時。
どのように自分を用いることができるか?

小さな人間なんで~実際は何も本当にしてあげれない。

ただ、あなたの友?で居るだけしか。

Appendix

プロフィール

ちょここ

Author:ちょここ
暮らしの中で感じたことを、書きたい時に書きたいだけ書いている自分史♪
twitter / pochachococo


FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ガンバレ野菜くん

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。