Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocharapid.blog87.fc2.com/tb.php/1026-c3067760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いじわる

今日はDM受診でした。

まぁ、検査は特に変わりなし、A1cは-0.2。
二か月前から処方されている糖尿病経口薬メデットは
中止しました。
私はやはり経口薬は抵抗があるんです。
今までとは違う新薬も出ているので~これから自分の治療にどう関わってくるのか?
考慮して行くこともあるのかもしれません。

今回のメデットは臨時の主治医の提案でした。
経口薬を使うことでインスリン量を減らすのが目的なのです。
完全にインスリン離脱は不可能だと私は認識しているので・・・
もしも、これからの私にインスリン離脱可能大ならば~話は別。

長い間、どれだけの経口薬を使用してきたか~
あれもこれもと変えて辿り着いたのがインスリンじゃないのか?
数年続けて~離脱は今では無理な状態ではないのか?
臓器のことを考えてインスリン療法が私の心身に良いと判断した。

今日の受診の時に主治医に”私は経口薬に抵抗がある”と言ったのです。
朝の血糖値が最近はわりと数値が良いのでメデットは飲まないでいたことも告げた。
それが気に入らなかったんだろうな・・・
そしたら主治医は私にこう言った。

”一生インスリンを打ち続けて下さい!”と一生という語を少し強調させて言った。

言われた瞬間~いったい何ていう言い方をするのだろうとビックリした。
これじゃコミュニケーション取れない。
こんな主治医はごめんだ。
今日でこの先生とは”さよなら~”する。

医者にも自分のやり方というのがあるのは分かる。
もっと患者の立場になってモノの言い方をしてほしいと思う。

私が5年前に入院した時の主治医はこう言った。
”インスリン使うようになっても止めれることもある、でもちょこさんの場合は完全には止めない方が良いと思う。ずっと使っていった方が良いだろう”

これは逆の言い方をすればインスリン離脱は無理に近いっていうことだと
これからの人生をインスリンと共に生きるのだろうと
私は素直な気持ちで言葉を受け入れることが出来た。
つまり言い方一つで患者は病気に対して変わるのだ。
生き方までもが変わるって言っても良い。

今日の先生の言葉は私のようにインスリン好きな人ならば
心に傷は残さないだろうと思うが~
私は今日の主治医はいじわるだと思う。
”一生”という言葉を無理に強調しなくても良いのに・・・

”一生”だというのは自分が一番良く分かっていることだ。

病院帰り~時間が経てば経つほどに頭にきて~
このまま家にも帰れず病院の近くでランチして頭を冷やした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocharapid.blog87.fc2.com/tb.php/1026-c3067760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ちょここ

Author:ちょここ
暮らしの中で感じたことを、書きたい時に書きたいだけ書いている自分史♪
twitter / pochachococo


FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ガンバレ野菜くん

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。