Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocharapid.blog87.fc2.com/tb.php/911-134d1c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

病人への見方

”ちょここさん、調子はどう?ふくよかになられたんじゃない?”と聞かれた。

”調子は変わらずですよ~太っていることは・・・あんまり言わないで”と
笑いながら答えた。

この人の調子は・・・って言うのは私の病気を心配して聞いてくれる。
その人は60代の女性で難病を持病にある。
でも私よりも何事においても積極的で明るい。
私はこんなふうには、とてもなれない。
見習うべき所がいっぱいあるなぁ

私の病気は・・・22歳くらいに発症していることを話すと

”ご主人はそれを理解して結婚されたの?”って聞かれた。

”結婚当初は発病はしていなかったので・・・”
”でも結婚する前から母に病気があることや家系的に遺伝があることを話しました”
と、私は答えたんだけど。

相手の言わんとしていたことは私には感じた。
病気を持ってることが結婚することにおいて障害にならなかったのか?
と聞きたかったようであった。
そんなことを汲んで上記のように私は答えたのだ。

私の病気は合併症という怖いものが付きまとうもので
”5年先はどうなっているか分らない”という話も~これはお互い同様なので話したが。
一緒にいた60代の女性の娘さんが・・・
”そうよね~ちょここさんは病気があるからね”と真剣な顔で言われた。

持病があると~きっと誰でも同じように思うんだろうね。
もちろん自分も同様なことを考えるけど・・・考えると将来が暗いから悪く考えないように
してはいるんだけど・・・他人にハッキリ言われてしまうとね、図星過ぎて怖い。

自分は自分の病気を誤魔化して生きているんだろうか?
と真剣に考えたりする。
もっと悩まないといけないのだろうか?

旅行に行くって人に話すとね
”ちょここさんは病気があるんだから行けるうちに行って置いた方がいい”って言われたりするのよね。

それって、、、ちょっと無神経な言い方だと思った。
まるで、あなたの将来は病気で大変になるから~今のうちにっていう感覚?に見ているんだな。

人間は誰でも明日のことも分からないから。
そういうような話に持って行くようにして~なるべく嫌な感情を相手に持たないようにしているが
言葉というものは本当に感情にダイレクトに影響する。
人の言葉に振り回されないようにって思うけど
やはり感情の生き物だからね、私も一応。

特に病気については敏感に反応するものなのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pocharapid.blog87.fc2.com/tb.php/911-134d1c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ちょここ

Author:ちょここ
暮らしの中で感じたことを、書きたい時に書きたいだけ書いている自分史♪
twitter / pochachococo


FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ガンバレ野菜くん

HeroRisa
HeroRisa

GIFアニメ
GIFアニメ
>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。